iTunesにiPhone5をバックアップしている途中に同期がリセットされた時の対処法

20170331006

長時間かけて iTunesにiPhone5をバックアップしたのに、最後の最後で変なエラーメッセージが出て困ったことはありませんか?

最初からやり直さなくても大丈夫です。

「同期」を押すことで解決します!

私が実際にやった手順は下の通り。

iTunesにバックアップをとる

20170331001

iTunesをクリックして立ち上げます。

20170331002

新しいバージョンのiTunes(12.6)を利用できます。今すぐダウンロードしますか?というメッセージが表示されました。

iTunesは定期的にバージョンアップするので、新しいバージョンに更新しましょう。

「iTunesをダウンロード」をクリック。

20170331003

iPhoneを接続します。

USBで直接つなぐか、Wi-fiで接続してください。

スマホ形のアイコンをクリック。

20170331004

「今すぐバックアップ」をクリック。

20170331005

バックアップが開始されます。

左側のiPhoneの表示のところの更新マークがぐるぐる回ります。

同時に上のバーに「〇〇のiPhoneをバックアップ中・・・」と表示されます。

バックアップには時間がかかるので、しばらく待ちましょう。

1時間ぐらいかかると思って、余裕を持ってバックアップをとってくださいね。

20170331006

バックアップが終わると、上のバーが消えてAppleマークに変わります。

「iPhoneとの接続がリセットされたため、iPhone”〇〇”のiPhoneを同期できませんでした。」とメッセージが出てしまいました。

最新のバックアップが本日になっていません。

でも大丈夫、あわてないでください。

「OK」をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

20170331009

画面右下の「同期」をクリックしてください。

もう一度バックアップをとらなくても、ちゃんとバックアップされています。

最新のバックアップのところが今日になっていればOKです!

20170331008

「終了」をクリックして閉じます。


エラーが出ると慌てちゃいますよね。

参考になれば幸いです。