複数のGmailを 1つのアドレスに転送して全てのメールを一括管理しよう

4f7dc11eaea42f251ecb0c3396472053_m

複数Googleアカウントを持っていると、その数だけGmailのアドレスもあるわけですが、メールをチェックするためにいちいちGoogle Chromeからログアウトして別のアカウントでログインしなおすのはとっても面倒。

1つのアドレスにメールを全て転送してしまえば、いちいちアカウントを切り替えてチェックする必要がなくなります。

Gmailを転送する設定方法をご紹介します。

Gmailを別のアカウントのGmailに転送する方法

20170413111

転送したいGmailのアカウントでGoogle Chromeにログインし、Gmailを開きます。

20170413101

右上の設定アイコンをクリック。

20170413102

「設定」をクリック。

20170413103

設定画面が開いたら、「メール転送と POP/IMAP」タブをクリック。

20170413104

「転送先アドレスを追加」ボタンをクリック。

20170413105

転送先のメールアドレスを入力して「次へ」をクリック。

20170413106

許可を確認するため、確認コードを 転送先アドレス に送信しました。と表示されます。

「OK」をクリック。

20170413107

転送先のGmailを確認するため、一旦ログアウトします。

20170413108

ログアウトしたら、「ログイン」をクリック。

20170413109

複数あるアカウントの中から、転送先のアカウントを選択します。

20170413110

パスワードを入力して「ログイン」をクリック。

20170413111

「Gmail」をクリック。

20170413112

読み込んでいます。

20170413113

Gmailの転送の確認というタイトルでメールが届いているので、開きましょう。

20170413114

確認コードが記載されています。

その下のリンクがリクエスト承認になるので、リンクの青い文字をクリックします。

20170413115

確認画面になるので、「確認」をクリック。

20170413116

これで転送先の確認ができました。

20170413117

アドレスバーの左側の更新(リロード)ボタンをクリックして最新の状態に更新します。

次に、転送元の設定を完了させるために、もう一度ログアウトしてから転送元のアカウントでログインし直します。

20170413118

最初の設定画面をもう一度開くと、転送のところに転送先のGmailアドレスが表示されています。

チェックボタンにチェックを入れ、転送された後にメールをどうするかを設定します。

「Gmailのメールを受信トレイに残す」は、転送されたメールが未読の状態で残ります。

「Gmailのメールを既読にする」は、転送されたメールが既読の状態で残ります。

「Gmailのメールをアーカイブする」は、転送されたメールが受信トレイからは消しますが、「すべてのメール」というカテゴリにしっかりと保管されていて、検索すると出てくる状態になります。

「Gmailのメールを削除する」は、転送されたメールが消えます。

どれかを選んで、一番下の「変更を保存」ボタンをクリックします。

これで転送の設定は完了です!


最後の「変更を保存」ボタンを押し忘れると、設定したつもりが全然転送されないということになってしまいます。

大切なメールを見落とすことのないようしっかり設定しましょう。