Adobeの無料テキストエディタ「Brackets」のインストール方法

20170802000

テキストエディタ「Brackets」とは

Bracketsは、Adobeが無料で提供しているテキストエディタです。

Bracketsは無料で使える上に、MacにもWindowsにも対応していて、しかもメニューが全て日本語なので、とっても使いやすいです。

機能はいたってシンプル。

インストールの手順をメモしておきます。

Bracketsのインストール方法

20170802001

Bracketsのサイトを開きます。

brackets を開く

20170802002

「Download Brackets 1.10」をクリックすると、Bracketsのダウンロードが始まります。

20170802003

ダウンロードが完了したら、左下のファイルをクリックして開きます。

ダブルクリックでも開くことができます。

20170802004

必要ならファイルのインストール先を指定して、「Next」をクリック。

MacならBracketsのアイコンをアプリケーションフォルダにドラッグします。

20170802005
「Install」をクリック。

「このアプリがPCにソフトウェアをインストールすることを許可しますか?」というメッセージが出たら、「はい」をクリックします。

20170802006

「Finish」をクリックしてインストールを完了します。

Bracketsを起動しよう

20170802007

スタートメニューからBracketsを開きます。

Macならアプリケーションフォルダを開いて「Brackets」をダブルクリックします。

20170802008

「アクセスを許可する」をクリックしてファイウォールのブロックを解除します。

20170802009

「×」をクリックしてBracketsの正常性レポートを閉じます。

20170802010

20170802011

20170802012

20170802013

すでにindex.htmlノファイルが開いていて、Bracketsのガイドが書かれています。

一通り目を通しておきましょう。

Bracketsのメニュー

Bracketsは日本語なので、何ができるのかが一目でわかっていいですね。

各メニュー内容はこちら。

ファイル

20170802014

編集

20170802015

検索

20170802016

表示

20170802017

ナビゲート

20170802018

デバック

20170802019

ヘルプ

20170802020

Bracketsの難点

Bracketsはとっても使いやすいのですが、ライブプレビュー(画面右上のカミナリマーク)に度々エラーが発生するのが難点。

普通にGoogle Chromeでプレビューした方がストレスはないかもしれません。

みなさんもぜひ使ってみてくださいね。