HP閉鎖 フォルダ(ファイル)をサーバーとローカル両方から完全に削除する方法 (Sublime)

20170830000

Sublime Textで、サーバーにアップロードしたファイルとローカル(PC)のファイル(またはフォルダ)を両方一気に完全に削除する方法をメモしておきます。

今回は、ホームページを閉鎖するため、フォルダごと削除します。

Sublime Text(サブライムテキスト)のSFTP/FTPを使ってファイルまたはフォルダを削除する

20170830001

サーバーからもローカルからも削除したいフォルダをクリック。

20170830002

フォルダの上で右クリック→「SFTP/FTP」→「Delete Local and Remote Folders」をクリック。

20170830003

Yes か No の選択肢が表示されます。

消していいですか?という確認です。

消したいので、「Yes Delete local and remote folders 〇〇〇」をクリック。

20170830004

下の方に、ファイルを消していく様子が次々と表示されていきます。

右側が「success」となっていれば、削除が成功しているということです。

全て消えるまでには数分から数十分時間がかかることがあります。

Sublime Textでファイルを削除している途中でエラー表示が出たら

20170830005

調子よく削除できていたのに、あとフォルダを3つ残したところでエラーが出てしまいました。

Sublime SFTP

An unexpected error occurred, please send the file
〇〇〇〇〇
errors.log to support@wbond.net

「エラーが発生しました。support@wbond.netにファイルを送信してください。」という内容です。

「OK」をクリック。

20170830006

すると、エラーのログが新しいタブに長々と書かれています・・・が、さっぱりわかりません。

フォルダの中身を確認すると、ファイルは全て削除されていて、ルートディレクトリのフォルダとwp-content、themesの空っぽのフォルダだけが残っている状態でした。

別にファイルを送信しなくても解決できそうだな、と思ったので、サポートにファイルは送りませんでした。

とりあえずもう1回同じことをやってみる

20170830007

確認のため、もう1回同じ作業をしてみます。

削除したいフォルダ→右クリック→「SFTP/FTP」→「Delete Local and Remote Folders」をクリック。

確認画面が表示されたら、「Yes Delete local and remote folders 〇〇〇」をクリック。

20170830008

今度は「Folder not found(フォルダが見つかりません)」と表示されました。

ふむ。見つからないってことは、サーバー側のフォルダは全て削除されたということですね。

「OK」をクリック。

ブラウザでサイトにアクセスして確認する

サーバー側のフォルダが全て削除されていれば、サイトは表示されないはずです。

20170830009

ブラウザの検索窓にサイトのURLを入力します。

「Not Found

The requested URL / was not found on this server.」

このように、リクエストされたURLはこのサーバーに見つかりませんと表示されたらO.Kです。

サーバーからはちゃんと削除されたということです。

サーバーにアクセスしてフォルダが消えているか確認する

サーバーにもアクセスして、フォルダが消えているか確認します。

さくらインターネットサーバーの場合

さくらインターネットのコントロールパネルを開く

20170830010

さくらインターネットのコントロールパネルにアクセスし、ドメイン名とパスワードを入力して「送信する」をクリック。

20170830011

「運用に便利なツール」の中の「ファイルマネージャー」をクリック。

20170830012

サーバーの中のフォルダが一覧表示されます。

削除したファイルが残っていないことを確認できました。

Sublime の中に残っているフォルダを消す

20170830013

もう一度Sublimeを開きます。

残っているフォルダをローカルから消してしまいましょう。

残っているフォルダ→右クリック→Delete

20170830014

確認の表示が出たら、「Yes,delete the selected items.」をクリック。

はい、選んだアイテムを消しますよ、という意味です。

20170830015

これで完全にSublimeからも削除することができました。

もうサーバーにもローカルにも残っていない状態です。

ドメインの有効期限が自然に切れればアクセスしても「このウェブページにアクセスできません」と表示されるようになるはずです。

あとは検索エンジンにインデックスされたコンテンツを削除すれば検索結果にも出なくなるはずです。

データがなくなればそのうち自然に出なくなるでしょうが、きちんと削除した方がいいと思います。


思い返せば、PCがアホになってリカバリしたことがあり、SFTP/FTPでサーバーからフォルダをダウンロードした時に、フォルダ名をわかりやすくしようと変更したような覚えがあります。

そのせいで同期されないままのファイルが残ってしまったのかもしれません。

もしくはWordpressを入れなおした時に何か不具合があったんでしょうか。そこまではわかりませんが。

何はともあれ、無事にHP閉鎖完了!