HTMLの実体参照!コピペして使う便利な特殊記号一覧!

特殊記号

HTML文書に記号を使うと、変な表示になることがあります。

例えば、「 < 」という記号は開始タグとして使われているため、そのまま記述するとタグの開始とみなされてしまい、表示がおかしなことになってしまうんです。

記号を1つの文字としてブラウザに表示させたい時は、記号を「実体参照」と呼ばれる文字コードに置き換えます。

HTMLだけではなく、プログラミングにおいては様々な記号を使います。

時には意味のあるタグや命令文の一部として扱われ、時には文章の中で文字として扱われるため、「特殊記号」と呼ばれているんです。

特殊記号の使い方

例を使って見てみましょう。

とりあえず、コピーライトを(C)とします。

この例の(c)の部分を、コピーライトの実体参照に書き換えて表示させてみましょう。

コピーライトのマークが表示されました。

・・・ちなみに、コピーライトは実体参照を使わなくてもエディタに「コピーライト」と入力して変換すると「©」が出てくるので、これでも大丈夫です。

ただ、ブラウザの環境に依存するので、実体参照を使っておけばどんなブラウザでも間違いなく表示されます。

HTMLで使用する主な特殊記号

HTMLでよく使う特殊記号だけをまとめました。

記号 実体参照 読み方
< &lt; 小なり、より小さい、レスザン
> &gt; 大なり、より大きい、グレイターザン
& &amp; アンド、アンパサンド、アンドマーク
  &nbsp; 空白、半角スペース
' &apos; シングルクォーテーション、引用符、アポストロフィ
" &quot; ダブルクォーテーション、二重引用符
© &copy; コピーライト、著作権
® &reg; 登録商標
¥ &yen; 円、円マーク

実体参照を使う時の注意点

実体参照は、大文字・小文字の区別があります。

小文字を大文字で書くとNG、ということです。

また、実体参照を使って空白を連続で使うのは好ましくありません。

HTMLには余計なものを入れないというのが鉄則です。

見た目のために余白や間隔をあけたいならCSSで調整しましょう。


特殊文字を暗記する必要はありません。

必要な時はこの実体参照をコピペして使ってくださいね。