Google Driveの保存容量がたりなくなったらゴミ箱を空にしよう

スクリーンショット 2018-07-17 15.39.05

無料で利用できるGoogle Driveの保存容量は15GB

Google Driveを無料で使えるのは15GBまで。

容量をアップグレードすると有料になってしまいます。

スクリーンショット 2018-07-17 15.48.11

こまめにデータを削除してるはずなのに・・・と思っていませんか?

マイドライブの中のファイルを削除しても、ファイルはゴミ箱に移動した状態で残っています。

スクリーンショット 2018-07-17 15.44.22

マイドライブ、共有アイテムのフォルダ・ファイルの削除

もっと減らせるところがあるなら、共有ファイルを整理しましょう。

共有相手にデータをダウンロードしてもらえば自分がオーナーの共有ファイルを消すことができます。

スクリーンショット 2018-07-17 15.44.12

削除したいファイル(またはフォルダ)の上で右クリック→【削除】をクリックします。

削除されたファイルはゴミ箱フォルダに移動します。

時々ゴミ箱を空にして必要なデータだけを残しておくようにしましょう。

ゴミ箱を空にする方法

スクリーンショット 2018-07-17 15.39.18

Google Driveにアクセスし、サイドバーメニューの中から【ゴミ箱】をクリック。

スクリーンショット 2018-07-17 15.39.27

「ゴミ箱」の右の▼マークをクリックして、【ゴミ箱を空にする】をクリック。

スクリーンショット 2018-07-17 15.39.33

「ゴミ箱を空にしますか?」というメッセージが表示されます。

ゴミ箱を空にすると、もう元には戻せないので、本当に不要なファイルかしっかり確認しましょう。

確認したら、【ゴミ箱を空にする】をクリック。

スクリーンショット 2018-07-17 15.39.51

ゴミ箱の中が空になりましたが、保存容量は変わっていません。

スクリーンショット 2018-07-17 15.40.44

ブラウザの【更新】アイコンをクリック。

スクリーンショット 2018-07-17 15.41.29

すると、最新の情報に更新されました。

保存容量が減っています。

せっかく無料で使えるので、こまめに空き容量を増やしてGoogle Driveを賢く使いましょう!