WordPressのプラグイン「wp-flickr-press」で写真のサイズも容量も気にせず簡単アップロードする方法!

20170301039

WordPressのプラグイン「wp-flickr-press」が便利!

Flickr(フリッカー)は、アメリカのYahoo!が運営するオンラインの写真共有サービスです。

1TB(テラバイト)まで無料で利用できます。

また、大きいサイズ・高解像度の写真を保存できるのも嬉しい特徴の1つ。

「wp-flickr-press」というプラグインを使って、WordPress内にメディアファイルをアップロードすることなく、Flickrにアップロードした画像をブログに表示させる方法をご紹介します。

WordPressにwp-flickr-pressをインストールしよう

20170301001

WordPressの管理画面を開きます。

「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

キーワード検索バーに「flickr」と入力します。

flickr関係のプラグインがいろいろ出てきます。

「wp-flickr-press」の「今すぐインストール」をクリック。

20170301002

インストールしています。

20170301003

インストールが完了したら「有効化」をクリック。

20170301004

wp-flickr-pressがアクティブになりました。

背景色が水色になっていればOKです。

20170301005

「設定」→「FlickrPress」をクリック。

20170301006

OAuth情報を入力しなければなりません。

Flickrを開いてAPIキーとシークレットキーを取得しましょう。

この画面はこのまま開いておいてください。

FlickrのAPI Keyを取得しよう

20170301007

ブラウザの新しいタブを開いて、

flickrの「You」の画面を開きます。

20170301008

右上の検索バーに「APP」と入力して、「The APP Garden」をクリック。

20170301009

「Get an API Key」をクリック。

20170301010

個人サイトか営利サイトかを選択する画面が表示されます。

個人サイトなら左の[APPLY FOR A NON-COMMERCIAL KEY]をクリック。

営利サイトの場合は、右のボタンをクリックしてください。

20170301011

一番上にアプリ名を入力。

大きい欄に何に使うのかを入力。

その下の2つのチェックボックスにチェックを入れます。これらは利用規約で、翻訳するとこのような意味になります。

I acknowledge that Flickr members own all rights to their content, and that it’s my responsibility to make sure that my project does not contravene those rights.

私は、Flickrメンバーがコンテンツに対するすべての権利を所有していることを認め、私のプロジェクトがこれらの権利に反しないことを確認することは私の責任です。

I agree to comply with the Flickr API Terms of Use.

私は、FlickrのAPI利用規約に従うことに同意します。

「SUBMIT」をクリック。

20170301012

APIキーとシークレットキーが付与されました。

これらをコピーして、開いてあるWordPressの設定画面に戻り、OAuth情報欄に貼り付けましょう。

WordPressの設定

20170301013

WordPressの「設定」→「FlickrPress」のOAuth情報の「APIキー:」と「シークレット:」の欄に付与されたキーをそれぞれコピペします。

20170301014

「Flickrアプリに設定するコールバックURL:」欄のURLをコピーします。

20170301015

Flickrの画面に戻って「Apps by You」をクリック。

20170301016

さきほど登録したアプリ名をクリック。

20170301017

Adminの「Edit」をクリック。

20170301018

App Typeは「Web Application」を選択します。

WPの設定画面でコピーしたURLをCallback URL欄にコピペして、「SAVE CHANGES」ボタンをクリック。

20170301019

画面左上に「✔The authentication flow has been updated(認証フローが更新されました)」と表示されます。

20170301020

OAuthトークン欄がまだ何も表示されていない状態で一旦WPを更新しなければなりません。そのままにしておいてください。

他の欄を設定しながら画面下に進みます。

20170301021

埋め込みオプション、Link URL Type、 File URL Size、リンクターゲットを設定します。

20170301022

位置、サイズ、リンクのrel属性とclass属性を設定します。

20170301025

リンクのrel属性とclass属性(拡張)、Extend Image Class Property、サムネイルを必要に応じて設定します。

20170301023

サムネイルのサイズを設定します。

20170301024

一番下の「更新」をクリック。

20170301026

設定が保存されたら、OAuth情報の OAuthトークンの「OAuthトークンを更新」をクリック。

20170301027

flickrのポップアップが表示されます。

「OK,I’LL AUTHORIZE IT」をクリック。

20170301041

OAuthトークン欄が埋まりました。

UserID、Username、Tokenナンバーが表示されています。

そして下の方に赤字で「まだ、更新が完了していません。更新を行ってください。」と注意が出ています。

20170301030

再度「更新」をクリック。

20170301029

赤字の注意メッセージが消えました。

これで全ての設定が完了しました!

投稿画面にFlickrの写真を表示させる方法

20170301031

WPの「投稿」→「新規追加」をクリック。

20170301032

新規投稿画面の「メディアを追加」ボタンの右隣にFlickrのアイコンが表示されました。

ちゃんと表示されるか試してみましょう。

Flickrのアイコンをクリックしてください。

20170301033

Flickrのにアップロードした画像が新しい順に表示されます。

20170301034
画像をクリックしていきます。

画像は複数枚一気に挿入することができます。

クリックする順に赤い枠で囲われて1,2,3・・・と番号がふられていきます。

この番号の順に投稿することができます。

なんて便利なんだ!

20170301035

「一括挿入」をクリック。

20170301036

画像が3枚挿入されました。

スペースも改行もなく、タグがつながった形になっています。

20170301037

プレビューしてみると、ちゃんと選んだ順番に表示されていることが確認できました。

20170301038

わかりやすくするために改行しました。

あとはいつも通りにブログを書いて公開してください。


Flickrから画像を読み込むと、WPの中に画像を挿入するよりはほんの少しだけ表示が遅くなりますが、たいした差はありません。

むしろサイト自体が重くならずに済むし、メディアを追加する作業がなくなり、ひと手間省くことができます。

Flickrは解像度の制限がなく、容量は1TBまで無料で使用できます。

1TB(テラバイト)・・・一生分入るでしょうね。

容量が足りなくなるなんて心配はまずなさそうです。

Flickrで写真の管理バッチリ!

ついでにブログもサクサク書ける!

面倒な作業が減るとブログを書くのがますます楽しくなりますね。

ぜひ活用してみてください。


関連記事

→ 一生分の写真を無料で保管できる!Flickrの新規アカウント作成方法!

→ Flickrの写真をプライベート設定(非公開)にする方法!

→ Flickrに写真をアップロードする方法!